求人内容を確認しよう!種類別医療事務の働き方

医療事務の求人はそれぞれ仕事内容が異なる!様々な医療現場で働く

jimuinn-net

医療事務の仕事内容

医療事務とは病院やクリニックなどで事務全般を行う職種です。また診察予約日や診察券の確認、診察料の徴収といった窓口業務をはじめ、診療報酬明細書(レセプト作業)作成といった専門知識を有する仕事も行います。

みんなどこを見てる?医療事務求人で優先度の高い条件TOP3

no.1

経験者優遇や経験年数

医療事務は事務作業だけでなく、レセプトという専門知識を必要とします。そのため求人では経験者が優遇されることがあります。もちろん最初は誰でも未経験ですが、派遣社員として最初は働く場合もあります。

no.2

資格を有している

医療事務を行うこと自体に資格は必要ありません。しかし業務の中にある程度専門的知識が求められるので、民間資格の「医療事務技能審査試験」や「診療報酬請求事務能力認定試験」を取得していると有利になります。

no.3

PCスキルを有している

医療事務は一旦結婚や退職で仕事を辞めても、再就職しやすい仕事です。女性が長く働ける人気の職種です。また保健医療分野の伸びが目覚ましいので、業務はますますIT化が進みます。そのためにPCスキルがある方は需要があります。

求人内容を確認しよう!種類別医療事務の働き方

女の人

クリニックでの働き方

クリニックの医療事務の職に就きたい場合、医療業界以外からも転職が可能です。クリニックは医療事務と外来クラーク(受付業務のこと)を一緒にしている場合が多く、忙しく働くケースが多いと言われています色々な科目に対応したい場合、クリニックで経験を積むのも良い方法です。ただしクリニックの医療事務は文頭でお伝えしたように医療事務と外来クラークを一緒にしていることや、医療に関係していない雑用も多いので、幅広いスキルが身に付く一方で負担も大きい場合があります。ただし医療事務で幅広いスキルを身に付けたいならクリニックがおすすめです。

病院での働き方

病院で医療事務として働く場合はクリニックとかなり異なるので戸惑う方もいます。それは病院は医療事務の仕事がかなり細分化されているからです。そのため一つの仕事で不快スキルを得ることも可能です。ただし注意したいのが、別の病院に転職した時に、前の病院と同じ内容の仕事に就けない可能性もあります。そうなると転職の幅が狭くなる場合もあります。

歯科医院での働き方

歯科医院というと比較される仕事が歯科助手です。給与では医療事務のほうが少し高めですが、仕事となるとレセプト業務がある医療事務のほうが専門性が高い仕事です。また歯科医院の求人は医療機関の求人の4割を占めており、求人数が多い職場です。また多くの歯科医院は予約診療なので残業が少ないというメリットもあります。特に東京は歯科医院の医療事務の求人が多いエリアです。

救急病院での働き方

救急病院の医療事務は女性が多い職場ですが、実は夜間になると男性の割合が増えると言われています。仕事内容は救急病院なので外来受付(慰労事務全般)、会計、救急外来窓口、PCレセプト作業などになります。特に救急外来窓口の場合は急病や怪我人に対峙することもあるので慣れない人は厳しい場合もあります。