知ってる?派遣で事務員の仕事に就く方法

派遣として事務員になるには、流れを確認することがポイント

jimuinn-net

派遣の魅力とは?

派遣社員として企業に派遣されると、直接雇用のほうがメリットがあるように感じる場合もあります。しかし派遣の魅力は色々な企業に転職せずに仕事ができることです。派遣会社と契約するので、一旦派遣先会社の契約が終了すれば新しい会社を紹介してもらえます。

知ってる?派遣で事務員の仕事に就く方法

レディ

派遣として事務員の職に就く方法

最初は誰でも未経験です。しかし転職する前に事務職だった方が派遣社員になった場合は事務の求人を紹介されるケースが多いようです。またPCの資格がある、英語力があるといった何かしらのスキルがあると希望の事務員の職に就ける可能性が高くなります。事務員に特別なスキルが無くても良いと言われていますが、医療事務ならレセプトの知識、貿易事務なら貿易関連や英語力、経理事務なら経理の知識が必要になります。普段から専門知識を磨いておくことが派遣として事務員の職に就く方法です。

応募から就職までの流れ

まずは派遣会社に登録するところから始めます。履歴書や職務経歴書(ない方でも問題ありません)を登録し、何か資格があるかも提示しておきます。一旦希望する会社や業種、就きたい仕事内容を登録しておくと、その希望に添った内容で派遣会社から仕事を紹介されます。すでに会社と派遣契約が結ばれていれば、稼働日から給与が発生します。

派遣として勤務することで得られる特典

派遣として働く場合、直接雇用と違うのは残業や休日出勤などは会社間で契約していること以上に行わなくて良いことです。最近では減りましたがサービス残業という作業はまずありません。また派遣社員は正規社員同様に福利厚生も受けられます。例えばリゾートメニューとして宿泊施設が90%オフ、スポーツジムなどが割引価格で利用できるといったケースです。

派遣で良かった!実際に事務員として勤務している人達の声

仕事しながらPCスキルがついたこと!

登録した時はPCが苦手でした。ところが派遣会社で丁寧に講習をしてくれたおかげで派遣された職場で困ることがありませんでした。実は派遣される会社によっても必要とするスキルが違うので社内で教えてくれます。

面接チェックと希望条件をフォローしてくれたので希望職種に就けた

派遣会社が新しい職場を何件も紹介してくれました。また自分が過去に仕事をしていた会社や一般事務の仕事内容を理解してくれ、かなり自分の希望に合った仕事に就くことができました。面接チェックもしてもらえたので、安心して受けることができました。

正社員よりも負担が少ない派遣の仕事はぴったり!

以前は出産前に事務職の正社員で働いていました。しかし結婚して妊娠したのを機に退職し、子供がある程度大きくなるまで専業主婦として働いていました。子育てが少し落ちつきましたが、いきなり仕事と家庭の両立に不安があり、正社員より負担が少ない派遣として登録しました。負担が少ない仕事を個人で探すのは不可能だったのでとても満足しています。